ニュース


別科日本語研修課程からのお知らせ

2017年10月24日
別科はキャリアアップのスタートライン:卒業生からのメッセージ

麗澤大学別科日本語研修課程26回生の黄仙惠(Hwang, Seonhye)さんはアジアをまたにかける新進番組制作者として大活躍しています。NHKにも番組提供する彼女はこれまでに100本以上のドキュメンタリー作品を世に送り出し、日本ケーブルテレビ大賞やスカパー!アワードなど優秀な作品に贈られる賞を数多く受賞している、国際放送番組プロデューサーです。詳しくはこちらから。

2017年9月20日
「知識の果たす役割が変わる」 麗澤大学小野宏哉副学長からのメッセージ

普通の人の目には見えない、社会における様々な問題を楽々と数字で解き明かす環境経済学のグローバル・リーダーである麗澤大学副学長の小野宏哉先生からのメッセージです。詳しくはこちらから。

2017年6月12日
グローバルドミトリーの入寮費が改定されました

麗澤大学では2018年度からグローバルドミトリーの入寮費を改訂いたします。詳しくはこちらから。

2017年4月20日
2018年度の募集スケジュールを公開しました

2017年4月20日、麗澤大学別科日本語研修課程は2018年度春学期・秋学期の募集スケジュールを公開しました。詳しくはこちらから。

2017年4月2日
ベトナム国家大学ホーチミン市人文社会科学大学で「日本語教師研修」開催

2017年3月22日~24日、ベトナム国家大学ホーチミン市人文社会科学大学(人文大学)にて麗澤大学と人文大学共催の「日本語教師研修」が開催されました。このイベントは日本語の学習者が増加するベトナムにおいて、日本語教育の質の向上に寄与するために麗澤大学のイニシアチブで始まったもので2015年(6月24日~26日)に続き、2回目の開催となります。

同研修は、正宗鈴香教授、家田章子准教授の2名が担当し、ベトナムの大学教員、日本語学校の講師、企業での日本語講師など多様な受講者を対象に「効果的な授業をするには-聴解編-」というテーマで行いました。

研修では、各受講者のこれまでの授業を振り返りながら、より質の高い授業の組み立て方を考えていきました。35名の受講者はみな熱心で、とても活気ある研修となりました。受講者からも、「新たに気づいたことが多くよかった」、「早速明日から自分の授業に役に立てたい」といった声が多く聞かれました。3日間のセミナーすべてを修了した受講者30名には両大学の学長のサインが入った修了書が授与されました(受講者は35名)。

研修後に行われた修了式では、正宗教授から、「みなさんはベトナムにおいて日本語を教えてくださるとても大切な存在です。みなさんの力によって日本に興味をもってくれるベトナムの方が増えていることをとてもうれしく思います。同じ日本語教師としてこれからも一緒に頑張っていきましょう」と挨拶がありました。

麗澤大学は今後も日越の日本語教育の懸け橋となっていくことを願い、研修イベント等のさらなる充実を図ってまいります。

2017年2月5日
「プレゼンテーションスキルは卒業後きっと役に立つ」日本銀行出身の本学教授が力説

近年、麗澤大学別科日本語研修課程を修了後、継続して同じキャンパス内にある麗澤大学の学部や大学院に進んで、経済学などの勉強を続ける留学生が増えています。そんな留学生たちの間で、最近イチオシで注目を浴びているのが、経済学部および大学院経済研究科で教鞭をとっており、日本銀行のOBである中島真志(Nakajima Masashi)教授です

2016年9月20日
「ニュートリノ」の小さい質量の発見: ノーベル物理学賞受賞者「梶田隆章教授 特別講演会」

2016年9月20日、麗澤大学は創立者廣池千九郎生誕150年記念及び麗澤オープンカレッジ(ROCK)開校10周年記念行事として、2015年ノーベル物理学賞受賞者・梶田隆章教授(東京大学特別栄誉教授・東京大学宇宙線研究所長・教授他兼務)による特別講演会を麗澤大学体育館において開催しました。梶田先生は1996年、岐阜県神岡町(現・飛騨市)にあるニュートリノの観測装置カミオカンデで、ニュートリノの観測数が理論的予測と比較して大幅に不足していることからニュートリノ振動を世界で初めて観測し、ニュートリノに質量があることを証明しました。梶田先生は論文発表の翌日に当時のビル・クリントン大統領がマサチューセッツ工科大学の卒業式の演説でニュートリノの質量発見の発表に触れ、「このような実験の影響は実験室の中のことだけに限らないということです。それらは社会全体、経済だけでなく、生命に対する見方、他者との関係、そして我々の歴史上の位置などに影響を及ぼすでしょう」と述べたことにふれ、目に見えない微細なニュートリノという素粒子が宇宙全体を満たしていることの科学的な証明が人類の知見にもたらした大きなパラダイムシフトとなったこと、そして若い科学者の小さな疑問が世界を揺るがす大発見になりえることについてお話になられました。麗澤大学では梶田先生が講演されたようにこれからも学生たちが多角的な視点をもって、小さな疑問から出発する研究意欲を大切に見守り、育てる大学運営を進めてまいります。

2016年7月6日
国際理解は文化の違いの先にある: 元NHKプロデューサーが特別授業

2016年7月6日、麗澤大学は別科日本語研修課程開設40周年を記念し、「シルクロード」などの数々の国際共同制作番組を制作してきた元NHKプロデューサー、天城靱彦氏(現職:NPO法人東京TVフォーラム理事長・Tokyo Docs実行委員会委員長)を迎えて特別記念講演を行いました。会場となった大教室には別科で日本語を勉強する留学生や異文化コミュニケーションなどを専攻する日本人学生などが多数集まりました。

「国際理解とテレビ・ドキュメンタリー~違いをどう乗り越えるか」と題された講演で天城氏は、いくつかの国際共同制作ドキュメンタリーを引用しながら、国際共同制作の現場で各国のテレビ番組の制作者たちが文化や民族性の違いに直面しながら共同作業を進め、何本ものドキュメンタリー番組を制作していく過程について講演しました。例えば、子供向けの科学番組では「実験レンジャー」という登場人物たちが子供たちに文化的な特徴を印象付けないように奇抜なコスチュームで登場することで、様々な国でも放送できるようにしたり、福島第一原発の事故で被災した住民を題材とした「波のむこう」というドキュメンタリーでは被災者の事故に対する意外な「視点」をテーマとすることで様々な文化的な背景を持つ国々で放送できるようにした事例などを紹介しました。

これらのドキュメンタリーの国際共同制作の現場で、それぞれの国の番組制作者たちが何か月もかけてそれぞれの視点や構成を徹底的に議論しあい、最終的には同じコンテンツを異なる視点で構成して、それぞれの放送番組を制作する過程は、今まさに文化の違いを越えて、様々な国際共同作業を研究課題として学習する留学生や学部学生たちに多文化交流の勇気を与え、また彼らの研究分野に様々なヒントや教訓をもたらすものであったと言えるでしょう。

麗澤大学は天城氏が講演されたように、学部学生や留学生の皆さんがそれぞれの「視点」を大切にし、将来、国際的な舞台やプロジェクトで創造的な貢献(Creative Input)ができるよう、これからも一層、多角的な教育的支援を行ってまいります。

2016年6月8日
2017年度春学期・秋学期用の願書パッケージの内容を更新した完全版の配布を開始しました。右のダウンロードボタンからダウンロードしてください。

2016年5月31日
2017年度春学期・秋学期用の願書パッケージの配布を開始しました。右のダウンロードボタンからダウンロードしてください。

2016年5月2日
2017年度春学期・秋学期のスケジュールが確定しました。

2015年10月8日
別科日本語研修課程の公式日本語ホームページに教員紹介ページが加わりました。英語サイトには来月をめどに掲載する予定です。別科について:こちらのページからアクセスすることができます。

2015年8月21日
別科日本語研修課程の公式日本語ホームページがオープンしました。従来の英語サイトとほぼ同じ内容ですので、英語がわからない場合には日本語サイトを見て内容確認してください。

2015年6月23日~27日
別科長の正宗教授と別科専任教員の家田准教授がベトナム国家大学ホーチミン市校で3日間、訪問集中講座を行いました。

2015年6月14日
2016年度春学期・秋学期用願書のオンライン配布を開始しました。こちらをよく読んでから指示にしたがってダウンロードしてください。

2015年5月8日
2016年度春学期・秋学期のスケジュールが確定しました。

2014年11月4日
別科長の正宗教授がベトナム国家大学ホーチミン市校でデモンストレーション授業を行いました。本授業は麗澤大学学長の中山理博士の同校公式訪問に合わせて行われたものです。中山学長は両大学のアカデミック・コラボレーションの産物である日越副教材『現代における経済と道徳』の出版記念式典のためにベトナムを訪問していました。

ホームページ関連のお知らせ

2016年6月3日
サーバー証明書の問題は解決しました。安全な接続が可能です。

2016年6月1日
現在、ダウンロードサイトのサーバー証明書が失効しており、そのため、ダウンロードサイトにアクセスすると「安全な接続ではありません」というエラーが出ることがあります。これは別科ホームページのサーバー証明書の期限が切れてしまっているからであり、ダウンロードサイト自体は安全ですので、Firefoxの場合は「エラー内容」から「例外を追加」、IEの場合は「このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。 」をクリックして先に進んでください。なお、この障害は数日のうちに解消される見込みですので、どうしても心配な方は何日かしてキャッシュをクリアしたのちに再度アクセスしてください。

2015年8月21日
別科日本語研修課程の公式日本語ホームページがオープンしました。

願書のダウンロード


通年利用できる願書パッケージをダウンロードで配布しています。以下のバナーをクリックして、次のページで必要事項を記入してダウンロードしてください。ここで記入した住所・氏名などの情報が自動的に合格通知書などを送る際に使用するラベルに印刷されますので、氏名と住所は必ず英語で正しく記入してください。正しく記入しないと本学からの連絡が期間内に届かない可能性がありますので、十分に注意してください。(願書と入学案内のセットは英語、日本語および中国語で用意していますので、お好きなセットをダウンロードしてください。)


本サイトについて


本サイトはGoogle Chrome、Firefox、IE11以上およびSafariでの閲覧を推奨しています。IE10をご利用の場合はメニューバー→ツール→互換表示設定を選び、「すべての Web サイトを互換表示で表示する」のチェックをオンにすると正しく表示されるようになります。なお、IE9以前のバージョンはサポートしておりません。